toggle

チキンナゲッツ

2009年9月に結成のアコースティックロックグループ。

メインボーカルの個性的な声と、1970年代アメリカ・ウエストコーストサウンドにも通じる コーラスワークを武器に、地元福岡を中心に精力的に活動中。

2009年・2010年、伝説のライブハウス「照和」で3度ワンマンライブを開き、いずれもSOLDOUTを記録。

2011年10月、「あの紙ヒコーキくもり空わって」等のヒット曲で知られる「19」の発掘から解散までを 手がけた「茂村泰彦」氏をプロデューサーに迎え 3曲入りマキシシングルを10月21日に発売。 それに関連して、2011年6月~12月まで、7ヶ月連続ワンマンライブを大名スパイラルファクトリーにて 行い、全公演満員。

2012年12月7日、ZEPP FUKUOKAでワンマンライブ「千人の絆」を開催。 イジメ問題をテーマにした「イカリヲアゲロ」を制作し、福岡県内の学校で公演/講演活動も行っている。

2013年3月9日、「茂村泰彦」氏の下、イカリヲアゲロを含む、5曲入りミニアルバム 「Raise anger Raise an anchor」を発売。

2013年8月10日、2度目の千人規模のライブ「うたのチカラ」を伊都文化会館で開催。

2013年10月~12月、初の九州ツアー~約束は守るよ~を行う。 最終日のベストホールは超満員。

2014年8月24日、「茂村泰彦」氏の下、6曲入りミニアルバム「Going Down」を発売。

2014年10月~12月、GOING DOWN TOUR 2014を行う。 12月5日、 ZEPP FUKUOKAで2度目となるワンマンライブ「踊れアミーゴ」を開催。

2015年8月、「DON’T GIVE UP」デモ音源を制作。 「第7回 糸島三都110キロウォーク 2016」の応援テーマソングに決定。

2015年10月~11月、GOING DOWN TOUR 2015を行う。 11月20日、ZEPP FUKUOKAで3度目となる ワンマンライブ「Going Down Going Down Rockin’Down」を 開催。

2016年、筑紫野市マスコットキャラクターつくしちゃんのテーマソング 「つくしのロックンロール」をプロデュース。

2016年9月7日、10曲入りアルバム「FROM FUKUOKA」を全国リリース。

2016年10月~11月、FOKUOKA魂TOUR2016を行う。

2016年11月23日、5年連続千人規模ライブ「FUKUOKA魂」を伊都文化会館で開催。

毎週放送のKBCラジオ番組「HAKATA SOUND FLY」の「HAKATAミュージックバトル」で 9週勝ち抜き、第4代グランドチャンピオンになる。

2017年、ワンマンライブツアーが東京・広島・京都・福岡で開催。

日本初の明太子メーカー「味の明太子 ふくや」とのコラボ商品「チキナゲかんかん」が 12月25日より発売開始。

2018年3月、2ndシングル「GO FOR BROKE」の発売が決定している。

2018年5月18日、福岡サンパレスでのワンマンライブが決定している。

クロスFMのラジオ番組「CREREA」のエンディングテーマとして5期連続で起用されている。